今すぐ10万円借りたい時のBest3!

10万円借りる

深夜・土日などの休日・雨の日に便利!WEB完結増えてます!

今すぐに10万円借りたいときに役に立つのがカードローンです。即日融資・低金利と選択肢が多いのが特徴です!

10万円借りる時の【2大条件】

スピード借入 銀行借入
すぐにお金を借りたい!という方はスピーディーな銀行系をチョイス!! 銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!

土日・休日に10万円キャッシング

お金を借りる時に必要なもの



カードローンで今すぐ10万円借りる流れ

カンタン3STEPでカードローン契約をすれば、コンビニから24時間365日いつでも気軽にお金を借りれます!

緊急時はネット申込&自動契約機カード受取が便利!



銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

会社による
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

ほぼOK

※会社によって詳細は異なります。


10万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 8500
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆

各社借入限度額

会社名 最低借入金額 借入限度額
プロミス 1万円 500万円
アコム 1万円 800万円
アイフル 1000円 500万円
モビット 1万円 800万円
新生銀行カードローン レイク 1万円 500万円
オリックス銀行カードローン 1,000円 最高800万円
じぶん銀行 10万円 800万円
(10万円単位)
イオン銀行カードローン 10万円 10万円〜800万円
(10万円単位)
イオン銀行イオンアシストプラン 30万円 30万円〜700万円
(10万円単位)
三井住友銀行 10万円 最高800万円
三菱東京UFJ銀行 10万円 500万円

各社金利

会社名 1万円借りたときの1ヶ月の金利 金利
プロミス 146円 / 17.8% 4.5% 〜 17.8%
アコム 147円 / 18.0% 3.0% 〜 18.0%
アイフル 147円 / 18.0% 4.5% 〜 18.0%
モビット 147円 / 18.0% 3.0%〜18.0%
新生銀行カードローン レイク 147円 / 18.0% 4.5% 〜 18.0%
オリックス銀行カードローン 146円 / 17.8% 1.7% 〜 17.8%
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5%
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8%
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8% 〜 13.5%
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5%
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6%

即日融資で今すぐ10万円借りる

急いで今すぐ10万円借りたい時に、当日最短即日で借り入れできるカードローンが便利です。 十万円借りれるカードローンは、いくつもありますが、大手銀行グループのカードローンですと、対応が迅速&引き出す際にもATMが充実しているので大変便利です。

十万円借りる前に

はじめて10万借りる方へ

契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

借入前の注意

キャッシング…というと、ガツンと大きな買い物をする際にお金を借りるというイメージがあるかもしれませんが、最近では“少額融資”での利用も増えています。 これは、お金を借りたい!と思ったときに、インターネットやモバイルで気軽に借りられるという利点が生きているからだと思います。 では、小額融資の際にはどういった点を重視したらよいでしょうか。 キャッシングの金利には「○%〜□%」のように幅がありますが、借り入れ金額が大きくなるほど金利は安くなり、小額融資の場合は高めの金利が適用されることが多いため、借り入れ金額が少ない場合には、できるだけ金利が安いものを選ぶのがよいでしょう。

また、カードローンで高額融資の希望を出すことで低金利での融資枠を設けてもらい、実際の利用の際には小額で利用をすれば、低金利でのキャッシング利用が可能です。
小額の借入金額に対して、高い金利がかかってしまい、返済額が圧迫する…というようなことにならないよう、十分に注意をして借入先を賢く選びましょう。


今すぐ10万円借りたい

「今すぐ10万円借りたいけど、どこでどうやってお金を借りたらいいのかわからない!」「当日に 9万円必要なんだけど、今日中にお金を借りれるところってあす?」など、このページでは、すぐにお金を借りたい場合の対処法をお探しの方への情報ページとなります。今日中にお金を借りたい方など、よろしければチェックください!

即日融資は審査スピードが重要

お金を借りる際に気になるのが、金利です。同じ金額を借り入れしても、この金利の違いによって利息が変わってきますので、重要な判断項目になることは間違いありません。 ただ、「今日中にお金を借りたい」という状況の場合には、まず、希望通りに“今日中に”お金を借りることができるか!?というのが、キャッシング会社を選ぶうえで、もっとも重要な判断項目となります。 どんなに金利が低くても、契約申し込みをしてから審査を経て審査回答を得られるまでに、3日も4日もかかってしまうようでは、即日融資は受けられませんので。 では、希望通りの即日融資が受けられるキャッシング業者は、どういった会社になるでしょうか。 お金を借りるのに必要な条件も合わせてチェックしていきたいと思います。

即日 10万円融資可能なキャッシング業者

10万円 即日融資が得意なのは、ズバリ大手消費者金融です。
大手消費者金融では、下記のようなメリットがあります。
・迅速にお金を貸すためのシステムが整っているため&審査が甘いので審査自体に時間がかからないため、即日融資を受けることができる
・大手ならではの借り入れ限度額=家を買う!というような大きな大きな買い物でもなければ、十分に対応できる金額を借り入れすることができます。
≪アコム≫ほどの大手消費者金融ともなれば、契約申し込み〜審査〜審査回答までが、「審査回答最短30分」で結果が出ます。

審査方法で知るキャッシングとは

キャッシングの審査方法は、実は会社によってとってもまちまちなのです。 そのため、ある程度審査のポイントをしっかり把握しておくことで、その基準に沿った形での申し込みを行うことで、通りやすくなります。 たとえば、定職についているかどうかです。 実際に様々な職業がありますが、年齢が一定以上で低収入のある仕事についている方こそ、融資を受けられるのです。 さらに、年齢などは若年層であるほうが返済能力があるとみなされ、審査に通りやすくなります。 また、持ち家である人のほうが、返済能力が高いとみなされており、その実力を評価されています。 また、独身の方のほうが、比較的審査に通りやすいのは、多くの人が知っていることとなっています。 なお、意外なことですが、固定電話が存在している、登録するときに固定電話の番号を記入している場合にも、返済能力が高いと考えられて、審査に通りやすいと考えられています。 住宅ローンなどがある場合でも通ることは可能ですが、その場合借りている金融機関によって、融資を受ける際の金融機関の対応が異なる場合もあります。 もちろんこれら以外にも、各金融機関によって大変大きな差がありますので、実際に融資を受けた人の口コミを、インターネットで確認をしておくことで、より適切に融資を受けられるようになっているのです。 様々な部分での支払い能力の有無などを審査されて、通常よりも素早く審査の結果をお客さんに提供するのです。

審査がと通ったら、いざ借入を!

無事に審査を通過したら、店舗窓口契約、自動契約機での契約のばあいには、その場でカードを受け取って、借り入れ手続きができますし、インターネット契約の場合には自動契約機でカード発行ができますので、そのカードで店舗ATM、提携ATM、提携コンビニATMなどでお気軽に借入することができます。

今すぐ10万円借りたいけど金利も気になる

6万円、7万円、8万円、9万円…と、十万円円以下で借り入れ金額は少ないけれど、それでも金利がちょっと気になる!というあなた。
そんなあなたは、消費者金融よりは審査が厳しいため、審査回答が出るまでに少し時間もかかってしまいますが、銀行からお金を借りるというのはいかがでしょうか。 銀行からお金を借りると、確かに、多少時間はかかりますが、消費者金融でお金を借りるよりも、低金利で済むという利点もあります。
ただ、銀行でお金を借りる場合には、消費者金融よりも審査が厳しいため、他社借入件数が3〜4件と多めだったり、過去の返済が滞ったことがある…などのマイナス点がある場合は、審査がとおりやすい消費者金融が無難です。
※つまり、お金を借りる際に“どこ”に重点を置くかによって、借りれ先が変わってくるということです。
すぐにお金を借りたいのであれば消費者金融からお金を借りる、少しでも低金利が良いのであれば銀行からお金を借りる…など、目的と状況を考慮したうえで、お金を借りると良いかと思います。

有利か不安か?変動金利について知ろう

変動金利とはお金を借りる際の金利がその時点の金融情勢によって異なり、かつ、借り入れ中も定期的に金利が見直されるものをいいます。 見直しの時期はローン商品や金融機関によって異なり、半年に一度や数年に一度というものもあるかもしれません。 消費者金融や銀行のカードローンなどの場合、借入期間中はずっと金利が変わらない固定金利を採用しているところが多いですが、一部には変動金利を採用しているところがあります。 気をつけたいのは、金利のパターンを選べないところです。 住宅ローンの場合、固定か変動を自らの意思で自由に選択できるのが一般的です。 しかし、カードローンやキャッシングの金利はいずれかが決められており、適用される利率も返済能力の有無を審査する際に決められるのが基本となります。 そのため、金利が変動するのは不安だなと思われる方は、申し込む前に金利の方式や適用利率の決まり方について、しっかり確認し理解しなければならないでしょう。 もっとも、変動金利といっても貸付にあたっては利息制限法という法律を遵守する義務がありますので、金利が上昇している時期に際限なく高くなるわけではありません。 逆にゼロ金利といわれるような、銀行にお金を預けてもほとんど利息がつかない状況になったとしても、貸付業者が定める下限があります。 利息制限法に定められた上限の範囲、かつ貸付業者が定めた範囲で変動します。 今後、金利下降が期待される場合には有利な利息となる可能性はあります。

十万円の返済方式と返済方法

キャッシングでお金を借りれば返済をしなければなりませんが、返済の方式や方法は様々なものがありますから、自分に合った方法を選ぶ事も必要となってきます。 まず返済方式についてですが、これは返済金額がどのようにして計算されるのかを意味します。 最近になって多く取り入れられるようになってきたのが残高スライドリボルビング方式です。 残高に応じて返済金額が決まり、残高が多ければ返済金額が大きくなり、残高が小さければ返済金額が小さくなります。 返済金額を抑えたければ逆算してどれくらいまで借りても大丈夫なのかを把握することができます。 他には元利均等リボルビング方式があります。 これは利息の支払額と残金の返済額の合計を一定にする方法です。 例えば月々1万円ずつ返済していくというように設定することができますから、自分に合った返済を無理なくしていくことができるというメリットがあるのです。 返済方法は色々なものがあって、銀行引き落としを利用するのが基本です。 銀行引き落としにしなければならないというわけではありませんが、引き落としに設定しておけば返済し忘れる事がありませんから、他の方法を選択することができても設定しておくべきでしょう。 それとともにATMや振り込みを利用した返済も併用する事ができます。 余裕があったときにはATMや振り込みを使って繰り上げ返済をするのも良い方法です。 早く返済すれば利息の支払額を抑えられますから、返済方法はいくつか併用して早く返済できるようにしましょう。

お金を借りれるクレジットカード

クレジットカードからお金を借りるには、クレジットカードに付帯するキャッシング枠を利用します。 そもそも、クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があるのをご存知でしょうか。 ショッピング枠は現金の代わりに決済できる機能で、利用限度額の範囲までならカード払いにて決済をすることができます。 カード決済に利用した1か月分の金額を、翌月に口座引き落としで請求するシステムです。 引き落としは一括払い、分割払い、リボルビング払いに対応しており、無理のない返済をしていくことができます。 キャッシング枠は借入ができる機能であり、クレジットに付帯するオプション機能です。 最近では申込み時にすでに借り入れ機能が付帯しているカードが増えていますが、付帯していない場合は別途申込みをすることで審査を受けて、通過できれば付帯させてもらうことができます。 この機能がついていればクレジットカードを使ってATMからお金を引き出して借りることができます。 また、クレジット会社によってはカードのホームページからログインして、マイページより借入振り込みをしてもらうこともできます。 既に利用しているクレジットがあるという方は、そのカードに借り入れ機能が付帯しているのかを確認してみましょう。 もし、付帯しており利用限度額が決められていれば、今すぐにその限度額の範囲で借りることができます。 付帯されていない場合は申し込みをしてつけてもらうといいでしょう。 新規でクレジット申込みをする人も、借り入れ機能はあらかじめ付帯してもらっておいた方が後々の面倒がありません。

PAGE TOP