信用保証協会の融資

中小企業の必要な資金を信用保証協会で融資

中小企業が事業運営のための必要な資金を支援してもらうには、「融資」「社債」「出資」「助成金・補助金」のいずれかの方法があります。
中でも金融機関の融資を利用する企業が多いかと思いますが、中小企業は信用面で金融機関からの貸付をスムーズに受けられないという問題も抱えています。
そこで、中小企業のスムーズな資金調達のために、各自治体の信用保証協会が貸付の保証を行い、金融機関を利用しやすくしました。 これが保証制度です。
ちなみに金融機関から貸付を受けたい企業は、保証協会に一定の保証料を支払って保証してもらいます。
この制度を受けるためには、中小企業から金融機関への借り入れ申込みをし、その金融機関から保証協会へ保証の申込みをします。
初めに保証協会を通してくるケースは殆どありません。
金融機関による審査を受け、次いで保証協会による審査を受け、双方の審査に通過できれば貸付が実行されます。
問題は審査ですが、金融機関の審査は企業情報とその他の借り入れ状況が考慮されます。
保証協会の審査は各自治体で異なり、金融機関で作成してもらう資料だけで判断する場合もあれば、経営者の面接を行うこともあります。
いずれにしても資料の内容は重要になってくるので、金融機関の担当者と良好な関係を築いておくことが重要でしょう。
また、企業が不渡りを出せば保証協会が債務を返済していかなくなるので、一番重要なのは返済能力の有無だということは覚えておいてください。

関連ページ

おまとめローンでお金を借りる
おまとめローンでお金を借りる方法についてをご紹介しています
リフォームローンについて
リフォームローンについてをご紹介しています
低金利で10万円借りる
低金利で10万円借りる方法についてをご紹介しています