100万円キャッシング

100万円をキャッシングで借りるには

100万円というと大金ですが、この額をキャッシングで借りることはできるのでしょうか。
結論から言いますと、借りられるか借りられないかは人によります。
そもそもキャッシングは返済能力によって融資の有無が判断されるので、返済能力がない人には融資されません。
また総量規制(借入額を年収3分の1にまで制限)を考えると、年収300万円以下の人に融資不可能です。
ただし、それ以上の年収がある方でも融資されるとは限りません。
まず、他社の借り入れ状況が考慮されるので、他社から借り入れがあると融資しても返済してもらえる可能性が減るということで、審査は厳しくなってしまいます。
また、100万円以上のキャッシング契約をすると、収入証明書の提出が必要になります。
1社からの借り入れが50万円、及び全社からの借り入れ総額が100万円を超える場合に収入証明書(給与明細や源泉徴収など)の提出が求められることがありますので用意しておいてください。
そして新契約の場合は、条件がいい人でも限度額50万円が限界ですので、1社から直ぐに100万を借りるのは難しいでしょう。
そのため複数社から借りる、もしくは正しく利用を続けて限度額を増額してもらわなくては100万という額を借りることはできません。
このように大金を借りる事は容易なことでありませんし、借り入れにおける規制も出てくるため、そのお金は必要なのかよく検討してから契約をすることが大切です。