免責とは

債務を免れることが決定される免責

お金を借りたのなら、いつかは返済しなければなりません。 ですが、もろもろの事情により、それが難しいケースもあります。 借金の返済をしようと苦労に苦労を重ねても、ついに多重債務に陥ってしまう場合もあるのです。
そのようなケースで、最後に残された救済手段は自己破産しかありません。 自己破産をすることで、苦しめられていた債務から免れることができるのです。 裁判所に、破産の申し込みをしますと、債務の免責の申し立てもされたものとみなされます。
免責とは、読んで字のごとく、責任を免れることです。 なんの責任かといいますと、債務を返済する責任がそれにあたります。 借金でどうしようもなくなった債務者の返済の責任を、法律によって免除させるものです。
債務の返済の責任を免除させることで、一から再スタートすることを支援するのが法律の目的となっています。 免責を受けるためには、破産の手続開始決定とともに、債務の返済義務の免除を裁判所に決定してもらわなければなりません。
まず破産の申し立てをして、破産手続開始決定、そして返済義務の免除の決定という流れになります。 債務の返済義務の免除が決定されたとしても、税金の滞納分や罰金などは対象外となりますので注意しましょう。
そして、もし不許可事由が発覚した場合、債務の返済義務の免除を受けることができなくなってしまいます。 浪費やギャンブルなどで債務を背負ったとしても、債務の返済義務を免除してもらうことはできません。

関連ページ

システム金融の意味
システム金融の意味について知りたい方へ
利息とは
利息について知りたい方へ
日本消費者金融協会の意味
日本消費者金融協会の意味について知りたい方へ