ポジティブ情報とは

プラスのポジティブ情報を構築しよう

融資などを申し込む時、マイナスになるネガティブ情報なら聞いたことがありますが、ポジティブ情報とはどんな情報のことでしょうか。 ホワイト情報とも呼ばれることがありますが、ネガティブ情報がない真っ白という意味だけではないようです。
良好なクレジットヒストリーを構築し、個人信用情報にネガティブな情報がまったくないことをポジティブ情報といいます。 延滞や不払い、ましてや自己破産など、事故記録がまったくない、そして良好なクレジットヒストリーを構築していれば、どんな金融機関であっても、収入などが条件に合っていれば融資したくなるでしょう。
融資を申し込んだとき、金融機関では、本人が記入した申込書などの個人情報を審査の参考にするだけでなく、個人信用情報機関に登録されている個人信用情報なども参考にしています。 この個人信用情報機関に登録されている、個人信用情報は与信判断に大きな影響を与えるものです。
この与信判断で、良い判断をしてもらおうと努力している方も大勢います。 噂としては、日常の日用品などの消費にクレジットなどを利用するよりも、エンタメや旅行などにカードを使っている利用者のほうが、ポジティブな判断をしてもらえると言われています。
まったく融資などを利用していない利用者よりも、よく利用してくれる利用者のほうが与信判断が有利なのは、何もクレジットカードだけでなく、銀行や信用金庫など他の金融機関でも同じようなものでしょう。

関連ページ

年利とは
年利について知りたい方へ
有担保ローンとは
有担保ローンについて知りたい方へ
法定利率とは
法定利率の意味について知りたい方へ