有担保ローンとは

大金を借りるなら有担保ローン

ローンとは、融資のことです。 つまり、消費者が金融会社からお金を貸してもらうための金融商品ですね。
ローンには有担保ローンと無担保ローンがありますが、まとまった大きなお金をかりたいのなら有担保ローンを契約をしましょう。
有担保ローンとは担保を入れて契約するローン商品です。
担保とは、例えば住宅や土地といった不動産、預貯金、有価証券などになります。
ローン契約には審査が必要ですが、担保を入れればその価値によって融資が可能かどうかが決まり、また融資できる額も担保に応じます。
さて、担保を入れることで何が変わるのかというと、万が一返済できなくなった時に担保を売却して返済を行えます。
仮に住宅を担保にしておくと、返済できなくなった時に債務者の住宅は債権者のものになり、債権者が住宅を売却することで得たお金をローン返済に充てるという方法を取ることになるでしょう。
このように、万が一の時には担保で返済を行えるので金融会社の融資リスクが減り、無担保ローンを活用するよりかは融資してもらえる可能性が高まります。
また、数百万円以上のまとまったお金を借りたいという場合にも担保を入れることで融資が可能になります。
対して無担保ローンは担保を必要としませんので申込みの手間はありませんが、借りられる金額は小額になってしまいます。
そのため、住宅や別荘の購入など大きな資金が必要な場合には有担保でローン契約をすることになるでしょう。
用途に応じて必要なローン契約をするようにしてください。

関連ページ

ポジティブ情報とは
ポジティブ情報の意味について知りたい方へ
年利とは
年利について知りたい方へ
法定利率とは
法定利率の意味について知りたい方へ