ネガティブ情報の意味

自分の情報として欲しくないネガティブ情報

ちょっとした現金が必要になって、消費者金融などから一時的にお金を借りようと思って申請したところ、審査が通らずに拒否されてしまったなどの経験ある方多いのではないでしょうか。
その審査が拒否された理由、誰も教えてくれる訳ではありませんから、自分で想像するしかないのです。
どんな理由があれば、審査落ちになってしまうのでしょう。
まずは、銀行や消費者金融、カード会社などの金融に関係する会社や機関等には、ネガティブ情報が取られていることを知りましょう。
このネガティブ情報とは、世間一般に言われる「ブラックリスト」なるものと言われますが、実際にはこのブラックリストは存在していません。
これは多くの金融機関やカード・クレジット会社が保有する信用情報で、延滞が発生している、貸し倒れが発生したなどの与信の判定する上で、マイナスとされるものの情報であり、異動情報と呼ばれているものです。
例えば、消費者金融の数社から借り入れがあり、その額が総量規制の枠を超えてしまっているような人が当てはまります。
これは個人の借入金の総額が、年収の3分の1を超えてはいけないと言う規制があり、その金額を上回っている時などは、拒否されることなるのでしょう。
この総量規制と言うものは、消費者金融だけに使われるものですから、知っておくと便利と思われます。
また、過去に自己破産とかの金融事故を起こしている人です。
これらの人は、5年とか7年とか言われる間、リストに名前が載ることで、貸付を断られるので、借り入れは計画的に行いましょう。

関連ページ

デビットカードの意味
デビットカードの意味について知りたい方へ
債務不履行とは
債務不履行について知りたい方へ
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムについて知りたい方へ