債務不履行とは

債務不履行の原因と結果

債務不履行とは、お金の貸し借りには金銭貸借消費契約あるいは借用書を債権者に提出しますが、その契約内容を守らないことを言います。
その契約内容の大きな点は返済時期と返済金額ですが、約束した時期に返済をしないと債務不履行になり、一回くらいであればそんなに問題はありませんがそれが続いた場合や、まったく返済をしなくなった時は大問題になるでしょう。
お金を借りたときに返済が滞ることを推定してお金お借りる人は、皆無とは言いませんが極少数では無いでしょうか。 しかし、例えば会社をリストラされたりして環境の変化があった場合にそのようなケースに陥ることもあるのです。
また、カードローンなど小口融資の場合は、収入と支出のバランスを崩してしまうと多重債務に陥ることもあります。 このような時も返済が滞ってしまう大きな原因となるのです。
債務不履行の結果として、債権者は債務者に督促をしますがそれでも返済がない場合は、期限の利益の喪失を宣言して一括返済を求めてきます。 金融機関の方法は債務名義の確定を裁判所に申請して、債権者の権利行使を行いますがその大きな手段の一つは担保を競売することですが、カードローンなどは無担保無保証になるので財産があれば差し押さえなどの手段を講じるのです。
お金を借りた場合はいずれにせよ返済の義務があり、環境の変化などで延滞の危険性を感じたならば、まずは当該金融機関と返済について話し合うことが大事になります。

関連ページ

デビットカードの意味
デビットカードの意味について知りたい方へ
ネガティブ情報の意味
ネガティブ情報の意味について知りたい方へ
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムについて知りたい方へ