銀行系で10万キャッシング

条件の有利な銀行系キャッシング

銀行系キャッシングとは、キャッシングのうち銀行が提供しているサービスのことを指します。
キャッシングのサービスを提供している金融機関は銀行以外にも消費者金融やクレジットカード会社などがあります。
これらの金融機関は大きく分けると銀行とその他に分けられ、銀行以外の業者は貸金業者と呼ばれます。
貸金業者として登録をしないとキャッシングのサービスを提供することはできません。
銀行と大した違いはないと考える人がいるかも知れませんが、実は規制する法律が違うと言うことから、様々な点で違いがあります。
例えば、年収の3分の1までしか借りる事ができないという総量規制が導入されていますが、これは貸金業法で定められている法律です。
ですから、貸金業者は総量規制を守らなければならないのですが、銀行には総量規制はありません。
規制される法律が異なるために、細かい部分のサービスが異なっていて、全体的に見れば銀行のほうが規制は緩いと考えられます。
総量規制がないわけですから、銀行が独自の審査で限度額を設定することができます。
ですから、たくさん借りなければならないような状態になった時には、貸金業者ではなくて銀行から借りるのが良いと考えられるのです。
総量規制だけではなくて色々な点で異なりますが、大まかに見れば銀行のほうが融資の条件は有利だと言えるでしょう。
融資の条件は有利なのですが、貸金業者に比べると審査の基準は厳しいという傾向はあります。

関連ページ

リフォームローンの意味
リフォームローンの意味について知りたい方へ
期限の利益の喪失とは
期限の利益の喪失について知りたい方へ
法定利率の法律とは
法定利率の法律による違いと役割についてをご紹介しています