期限の利益の喪失とは

一括返済もあり得る期限の利益の喪失

ローンやキャッシングを利用している場合、期限の利益が喪失したという通知が届けられることがあります。 この期限の利益の喪失とはいったいどんなことを指すのでしょうか。
ローンやキャッシングなどで融資が行われた場合、毎月いつまでに返済するということが契約書で決められます。 つまり、返済期日が決められるわけです。
この場合、融資した債権者は、返済期日まで、お金を返してもらうのを待たなければなりません。 それは、借りた本人が、返済を猶予されているのと同じ意味を指します。
つまり、期限の利益というのは、返済日まで返済を猶予してもらっている状態のことを言うのです。 では、その期限の利益が喪失したというのはどういうことかというと、契約に著しい変化が起こった時、緊急事態が起こったということで、返済を期日前に行ってもらうということを指します。
緊急事態と判断できる、利益を喪失する理由は、契約書にしっかりと書かれているはずです。 ローンやキャッシングなどの場合、返済日になっても返済が行われなかったなど、契約どおり返済が行われない心配が出た時に、貸金業者は一括返済を求めることができます。
返済日に返済が行われなかったといっても、1回や2回返済が遅れたとしても、すぐに期限の利益の喪失の通知が来るわけではありません。
ですが、何度も延滞が重なった時は、期限の利益の喪失したという通知が届いたとしても不思議ではありません。 一括返済を求められないように、返済日にはちゃんと返済するようにしましょう。

関連ページ

リフォームローンの意味
リフォームローンの意味について知りたい方へ
法定利率の法律とは
法定利率の法律による違いと役割についてをご紹介しています
銀行系で10万キャッシング
銀行系で10万キャッシングについてをご紹介しています