ブラックリストの意味

2種類あるブラックリスト

お金を貸した相手が約束通りにお金を返してもらえなかったときには、二度とその人にお金を貸そうとは思わないでしょう。
普通の人ならそう考えるのですが、これは別に人だけではなくて会社も同じです。
金融機関はお金を貸し付けるサービスを提供していますが、お金を借りて返さなかった場合、金融機関はお金を貸してくれなくなります。
これはわざわざ考えなくてもすぐに分かる事でしょう。
お金を返さなかった人や滞納をした人の情報を一般的にブラックリストと呼びます。
これにはいくつかの種類があります。
一つは金融機関が独自に保有している情報です。
金融機関に限らず、たいていの会社は顧客情報を持っています。
このような情報の一部として情報が登録されています。
ある銀行でお金を借りて返済をしなかった場合、たいていはその銀行ではもう借りる事ができなくなるでしょう。
もう一つは金融機関の外部の情報です。
金融機関は信用情報機関を通して、このような情報を共有しています。
信用情報機関に登録されると、その情報はほとんどの金融機関が参照することになります。
ですから、ある銀行でお金を借りて返さなかった場合、別の銀行や貸金業者からお金を借りようと思っても、情報が共有されていますから借りる事ができなくなるのです。
信用情報として登録される期間は5年から10年ですから、ある程度の期間を空けて再び申し込みをすれば借りる事ができるようになります。
返済しなかった場合だけではなくて、返済が大幅に遅れた場合にもブラックリストに登録されることになりますから注意が必要です。

関連ページ

10万ネットキャッシング
10万ネットキャッシングについてをご紹介しています
モビットの歴史
モビットの歴史についてをご紹介しています