モビットの歴史

モビットの歴史についてお話します

モビットは今ではとっても有名な大手消費者金融ですが、その社名の由来はご存じですか。
実は、mobile(携帯)のmoとmoney(お金)のmo、そして先進技術感のあるbit(情報量の基本単位bit)のbitを掛け合わせ、21世紀の情報化社会に向けてつくられた造語です。
その特徴は、インターネットで簡単に申し込みから審査、すべての手続きが最短30分程度(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)で完結するということです。
現在ローンを、インターネットで申し込みするということは珍しくはありません。
ですが、モビットはサービス開始当初は、申し込み後数分で確認電話がかかってくるというものでしたが、2012年からweb完結申し込みという、店頭に出向いたり電話に出たりすることなく、Web上ですべての手続きができるサービスを開始しました。
そのことによって利益の幅を大きく広げました。
また、赤い広告や赤いカードが特徴のモビットですが、誤解されやすいのがいわゆる専業の消費者金融ではなく、大手の消費者金融であるということです。
大手であるということから、提携しているATMも非常に多いので、利便性にも富んでいるのも人気の秘密です。
なお、2014年3月には、三井住友銀行グループのモビットとなったので、三井住友銀行ATMでも借入返済が可能になったので、より一層便利になったといえます。

関連ページ

10万ネットキャッシング
10万ネットキャッシングについてをご紹介しています
ブラックリストの意味
ブラックリストの意味についてをご紹介しています