保証協会とは

地域で違う保証協会の審査方法のすすめ方

融資には、銀行などが行っているプロパー融資と、各地方自治体がやっている制度融資とがあります。
これは、銀行による貸し渋りなどを是正するために、中小企業が事業のための資金を確保しやすいように作られたものです。
この制度融資を利用する場合、保証協会の保証人の代わりになってくれることが必要なことがあります。
中小企業が利用できる制度融資の場合、保証協会付の融資がほとんどです。
保証人の代わりになってもらうには、少しの保証料を納入しなければなりませんが、その前に審査を受けなければなりません。
ところが、この審査方法は、各地方自治体によって異なっていることが普通です。
東京なら東京の、大阪なら大阪での審査方法があります。
必要な審査書類だけで審査が行われる場合もあれば、審査書類での審査だけでなく面接も行われるところもあります。
面接を受けたほうが、審査書類に掲載することができなかった良い点もアピールすることができるので、それを審査の材料にしてもらうことも可能です。
ですが、各地方自治体での審査方法を、個人の力で変えてもらうことは非常に難しいでしょう。
ですから、制度融資を受けたいと思ったなら、それぞれの自治体が決めている審査の進め方に応じて対策をたてなければなりません。
書類審査だけで融資が決められるとしたら、融資が受けられる審査書類にすることです。
何も粉飾決算をすすめているわけではありません。
書類の書き方一つでも、好印象を持ってもらえる書き方もあるのです。

関連ページ

キャッシングで審査に落ちた原因
審査に落ちた原因についてをご紹介しています