イオン銀行から10万円借りる | 今すぐ10万円借りたい時のBest3!

イオン銀行でお金を借りる

イオン銀行カードローン

実質年率3.8%~13.8% 限度額800万円
保証人不要 口座開設不要

イオン銀行カードローン

インターネットによるイオン銀行お申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンのインターネットによる契約申し込み
  • ※イオン銀行の口座をお持ちでない方

  • ネットバンクにログイン後、契約申し込み
  • ※イオン銀行の口座をお持ちの方

どちらの条件で選ぶ!?「10万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

10万円借りる:融資スピード 10万円借りる:低金利

10万即日融資 10万低金利


10万円借りたい時の基礎知識:債務不履行問題で悩んでいたら弁護士に相談

資本主義の社会において商品を売る側とそれを購入する側が存在して、現在の健全な健全な経済社会が成り立っており、一般的には当然商品を購入した側がその料金を売り手側に支払わなければなりません。 しかし何らかの問題が発生して正当な料金が支払いが行われたのにも関わらずに商品の受け渡しが行われなかった場合には、民法の415条(債務不履行による損害賠償)に抵触する事になり、これを債務不履行と言います。 これは、大きく分けて三種類に分類することが出来ます。 まず一つ目は、先の例で言えば商品を予め決められた日時迄に遅れて支払いが行われなかった場合です。 この場合には商品の引き渡しに関して遅延があった分の損害を請求するか、契約した商品と機能や性能等が同程度のものを請求するか、あるいは、契約事体を「無かったこと」とする事が出来ます。 二つ目は履行が不可能になった場合です。 この場合は、商品の引き渡しが出来ないかわりの損害賠償請求をするか、契約を守れないのであれば契約解除が出来る事になりましょう。 三つ目は不完全な形での商品の引き渡しの場合です。 この場合には完全な状態にしてから商品の引き渡しを請求するか、引き渡しが出来ない代償として損害を現金で支払う様に請求するか、契約内容を守れなかったのであるから契約事体を解除する等の行動に打って出る事が出来るのです。 なお、以上の様な問題には売り手側に完全な落ち度があった事が前提となる事を忘れてはいけません。 もし債務不履行の当事者となってしまった場合には、専門家である弁護士に相談をして対応する事をお勧め致します。

ページトップへ戻る