アイフルから10万円借りる | 今すぐ10万円借りたい時のBest3!

東証一部上場のアイフル

東証一部上場のアイフル

実質年率4.5%~18.0% 限度額500万円
保証人不要 最短即日融資

詳細・お申し込み

アイフルお申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み (※1)
  • (※1)インターネットでは24時間365日申し込みを受付しています。
  • 店頭窓口による申し込み (※2)
  • 自動契約機による契約申し込みなど (※2)
  • (※2)今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申し込みを行った上で電話連絡をしたり、窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。

どちらの条件で選ぶ!?「10万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

10万円借りる:融資スピード 10万円借りる:低金利

10万即日融資 10万低金利


10万円借りたい時の基礎知識:現金を借りるための商品の選び方

金融会社から現金を借りる場合、まずは、どのような用途で使用したいのかを考える必要があります。 融資商品といっても一つではありません。 大別すると、使途限定がない「フリーローン」と使途限定されている「目的別ローン」があります。 さらに「有担保」「無担保」商品があり、有担保なら不動産などを担保にいれることで大金を借りることができますが、無担保なら債務者の信用(返済能力)のみで融資するので大金は借りられません。 例えば、生活上の一時資金として数万円程度の現金を借りたいのなら、無担保フリーローンがいいでしょう。 これにはキャッシングやカードローンという商品があります。 対して、住宅の購入資金や自動車の購入資金など、特定の目的にある程度まとまったお金が必要な場合は目的別ローンがいいでしょう。 これには住宅ローンやカードローンという商品があります。 ちなみに目的別ローンにも無担保商品はありますが、有担保の方が大きな金額を借りることができ、審査にも通過しやすくなります。 では、実際の借り方ですが、フリーローンの場合は専用のカードを用いてCDやATMから、必要な額だけの現金を引き出して借り入れすることができます。 借り入れは限度額の範囲でなら何度でも借り入れすることが可能です。 目的別ローンは、必要となる資金をまとめて借りて目的に支払いを済まし、資金提供をしてもらったローン会社に返済のみをしていきます。 どのように使用したいのかを考えることで、最適な借り方が見てくるでしょう。

ページトップへ戻る