ジャパンネット銀行から10万円借りる | 今すぐ10万円借りたい時のBest3!

ジャパンネット銀行カードローン

実質年率2.5%~18.0% 限度額1000万円
保証人不要 最短即日融資

ジャパンネット銀お申し込みの流れ

ジャパンネット銀行お申し込み・ご契約方法

  • ネットバンクにログイン後、契約申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちの方

  • インターネットからネットキャッシング+普通預金口座開設の同時申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちでない方

どちらの条件で選ぶ!?「10万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

10万円借りる:融資スピード 10万円借りる:低金利

10万即日融資 10万低金利


10万円借りたい時の基礎知識:安定した返済をするなら固定金利がおすすめ

借り入れは、元金に利息をつけて返済をしていきます。 この利息を計算して出したものが金利です。 例えば、金利18%で30万円を借りて30日後に5万円を返済するとします。 利息計算法は「借入残高×金利÷365×借入日数」ですので、計算式は「300,000×0.18÷365×30」=「4438」となり、ひと月目の返済は54,438円ということになります。 さて、この金利にはタイプがあり、大別すると「固定金利」「固定選択型金利」「変動金利」に分けられます。 固定金利とは、金利が固定されたタイプです。 例えば契約の際に18%で契約をしたなら、完済するまで18%は変わりません。 固定選択型は、一定期間固定した後で変動金利に変わるというタイプです。 要するに10年固定で契約をしたのなら、10年間は18%の固定で返済をし、10年後には変動金利に変わるということです。 固定選択型の基本形は変動金利になります。 変動金利は金利の変動にあわせて、その都度、金利が変わるタイプです。 初めは18%でも、将来的には金利が下がる場合もあれば、あがる場合もあるでしょう。 さて、どの金利タイプがいいのかというと、その時の金利の動向から判断することになります。 一般的には、低金利時代は固定金利がよく、高金利時代は変動金利がいいとされています。 ただしリスクで言えば変動金利の方が大きくなってしまうので、リスクを心配しない安定した返済をしていきたいのなら固定のほうがいいでしょう。

ページトップへ戻る