三菱UFJ銀行カードローンで10万円借りる

三菱UFJ銀行カードローン


実質年率 1.8%〜14.6% 限度額 500
万円
保証人 不要 最短
即日融資




10万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 8500
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★☆☆
三菱UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 最大800
万円
★★☆☆☆


キャッシング辞書

債務整理と個人的な返済はどう違う?
債務整理と個人的に借金を返済するのは違います。 借金の返済方法は、法的な手続きによって解決していくか、自分で終わりまで返済するしかありません。 自分で返済する場合は、元金をゼロにすればその時点で返済は終了します。 その後は、契約を解除してもいいですし、そのまま継続しても問題ありません。 多くのキャッシング業者では、完済後も自動契約をとるケースが多く、解約を申し出なければそのまま自動継続となります。 債務整理は、自力で返済が不可能な状態に陥ったときに使うものです。 無利息の借金であれば、毎月の返済額がたとえ1,000円でも確実に元金は減っていきます。 しかし、ローンと呼ばれるものはすべて金利が設定されており、無利息で借りられる商品など皆無です。 超低金利と言われる国のローンでさえ、金利が設定されているくらいです。 金利が発生すると、利息+追加返済を続けなければ元金は決して減りません。 利息分の支払いを毎月続けていても、借金は1円も減らないことになります。 債務整理を検討するのは、借金の自力返済が不可能だと判断したとき、元金がまったく減らないとき、などです。 つまり、借金を完済できない、または永久に元金がゼロにならない、といった場合に検討することになります。 具体的な方法としては、任意整理があります。 多くの方はこの方法によって借金を整理しますが、これで無理な場合は別の方法(個人再生・自己破産など)を検討します。

PAGE TOP